子育て関連

テレビなし育児のメリットとデメリットは?体験してわかったこと

テレビなし育児のメリットとデメリット

この記事では、テレビなし育児を体験してみて感じたメリットとデメリットやママたちの口コミなどを書いています。

みなさんは、テレビなし育児をしたことがありますか?

私は、テレビが壊れてしまったことがきっかけで、テレビが届くまで娘と2人でテレビなしの時間を過ごすことになりました。

そこで、意外なテレビなし育児の結果を知ることとなりました!

この記事をまとめた内容は以下です。

  • いつもより子どもも親もイライラしなかった
  • 子どもが話す言葉が増えた
  • 音の刺激が少ないぶん工夫が必要

【子どもがテレビを壊しちゃった】保護パネルは絶対に必要だった

\おすすめのテレビ保護パネル/


液晶テレビ保護パネルを見てみる

テレビなし育児に対するママたちの口コミは?

テレビなし育児によって、子どもや親にいい影響があった人もいれば、親が大変だから続かなかった人もいました。

中には、どちらでも関係なさそうだといっている人もいて、実際にやってみないと結果はわからないなという印象です。

\子どものいたずら防止に最適/


液晶テレビ保護パネルを見てみる

1歳半にイヤイヤ期が到来!寝ない時の対策とは

なぜテレビなし育児をすることになったの?

ずばり、テレビなし育児をすることになったきっかけは、子どもがテレビを壊してしまったからでした(笑)

その時の記事はこちらです。

【子どもがテレビを壊しちゃった】保護パネルは絶対に必要だった

本来ならば、直接電気屋さんからテレビを買って帰って、自分でとりつける予定だったのですが、在庫がないためそれは難しくなりました。

よって、子どもと2人で1日限定のテレビなし育児が始まることになりました。

ママ
ママ
1日限定のお試しだけど不安しかない(笑)

娘は、アンパンマンが大好きなので、何かあればアンパンマンをつけてくれと言います。そのため、私にとってテレビなし育児は考えられませんでした。

そんな不安しかなかった1日ですが、テレビなし育児の意外な結果が待っていたのでした。

\楽天で週間ランキング1位のテレビの液晶保護パネル/


液晶テレビ保護パネルを見てみる

テレビなし育児のメリット

私が実際に、テレビなしで育児をしてみて感じたメリットを書いていきたいと思います。

集中しておもちゃで遊ぶことができた

テレビをつけていると、ほとんどおもちゃで遊ぶことがありません。

それが、テレビを消しているとおもちゃで遊ぶ時間が圧倒的にふえました!

絵本もそんなに読むことはなかったのですが、テレビを消していると、1人で絵本を開いて読む時間がふえました。

なーさん
なーさん
絵本って意外と面白いじゃ~ん。

いつもはテレビのCMがくると、飛ばしてくれとリモコンを持ってくるし、おもちゃは飽きてしまったのかテレビの方が面白いと思っているのか、おもちゃで遊ぶことが少なかったので、この結果は意外でした。

1人でおもちゃで集中して遊んでくれる時間が増えたことで、家事をする時間がいつもより増えたので、とても助かりました。

子どもとの会話などのやり取りが増えた

テレビを消すと、自然と子どもとの関わりが増えました。

部屋にワイワイガヤガヤするような音がなくなったことで、子どもともっと話してみようとか、ママに話しかけてみようという気持ちが生まれるのでしょう。

話しかける時間だけではなく、絵本を読む時間も増えたので、その日に話せるようになった言葉も多かったです。

娘がいつもより穏やかだった

娘と関わる時間が増えたことで、気持ちが満足したのか「あれやってこれやって」と娘が泣くことがありませんでした!

これはとても意外でした。なぜなら、いつもみていたテレビをみられないストレスが大きくて、一日中ぐずってしまうのではないかと思っていたからです。

ママ
ママ
もしかして、テレビがない方が育児が楽なんじゃない?

娘が穏やかだったことで、私も娘を叱ることがなかったので、穏やかに過ごすことができました。

\テレビの保護パネルを見てみる/


液晶テレビ保護パネルを見てみる

スポンサーリンク

テレビなし育児のデメリット

テレビで得られたメリットがあった一方、もちろんデメリットもありましたので、説明していきたいと思います。

親がテレビ好きだとしんどいかも

親がテレビをみるのが好きな人は、1日中テレビがないのはしんどいかもしれません。

私も小さいころからテレビっ子だったので、ずっとテレビがないのはきついです(笑)

ママ
ママ
ドラマもバラエティ番組の録画もみたいしなぁ。

機嫌が悪いときに家事ができない可能性がある

今回は機嫌よく過ごすことができた娘ですが、機嫌が悪いときが大変かもしれません。

好きな番組をつけておいて家事をすることが多いので、いざ機嫌が悪いときにテレビがないとなると、全く家のことが手につかないということが起こりうる可能性が…。

いつもより歌ったり踊ったりしなかった

テレビをつけていた時は、歌が流れるので歌ったり踊ったりすることが多かったのですが、テレビを消しているとそれがありませんでした。

もしテレビなし育児をやるのなら、親が積極的に歌ってあげたり、音の鳴るおもちゃを与えるなどの工夫が必要そうです。

【おすすめ】コップ飲みの練習っていつからやればいいの?遊びの中で取り入れよう

結果:毎日は難しいけど時々やるといいかも

この記事のまとめは以下です。

  • 集中しておもちゃで遊ぶことができた
  • 子どもとの会話などのやり取りが増えた
  • 娘がいつもより穏やかだった
  • 親がテレビ好きだとしんどい可能性
  • 機嫌が悪いときに家事ができない可能性がある
  • いつもより歌ったり踊ったりしなかったのでテレビなし育児には工夫が必要

今回の結果としては、テレビなし育児は意外といいかも!といった印象でした。

音がないので、子どもも親も穏やかに過ごせる一方で、音楽の刺激が少ないので、そこは工夫が必要そうです。

完全にテレビなしにするのは大変だと思うので、テレビなしの日を時々作るのがいいと感じました。

ただ、家にテレビがあって観ないのと、テレビがなくて観ないのとでは、子どもの「テレビを観ない」ことに対する納得度合いが違うので、テレビが戻ってきた今、やるとなるとちょっと難しい気はします。

なーさん
なーさん
何でテレビあるのにみせてくれないの!

いろいろと工夫が必要そうです。

みなさんも1日だけでも限定でやってみると面白いかもしれませんよ!

ママ
ママ
試してみてね~。

子どもにテレビをいたずらされて困っているという人には、液晶画面の保護パネルがおすすめです。興味がある人はぜひご覧ください。


液晶テレビ保護パネルを見てみる

液晶画面保護パネルのレビュー記事もあるので、合わせてご覧ください。

なーさん
なーさん
Twitterもやっているよ! @bloggk1をぜひフォローしてね!