料理

【D&S 家庭用マイコン電気圧力鍋】簡単に本格チャーシューを作ろう!

簡単にできる本格的なチャーシュー

この記事では、電気圧力鍋を使って家庭で簡単にできるチャーシューの作り方をご紹介します。

電気圧力鍋でチャーシューを作る!

話は変わりますが、この前、本格チャーシューの作り方という記事を書きました。

黄金比ダレで簡単!本格チャーシューの作り方この記事では、黄金比ダレで簡単にできるチャーシューの作り方について書いています。 私の母の実家は製麺工場です。母は、たまにラーメン...

それからいろいろと考えて、我が家には電気圧力鍋があるので、これを使って簡単にチャーシューを作ることはできないかな〜と。

実際に作ってみたのでそのことを書いていきたいと思います。最初に言っておきたい。

めっちゃおいしいです!!

材料

豚バラブロック500g×2ブロック
(肩ロースでもおいしいと思います)

豚バラブロック肉2つ

(黄金比ダレ)
水:みりん:しょうゆ:はちみつ=1:1:2:50g

水 200ml

みりん 200ml

しょうゆ 400ml

はちみつ 100g

作り方

①圧力鍋に黄金比ダレをすべて入れる。

②お肉をタレの中に入れて、スイッチを入れる。
お肉はタコ糸で巻いても巻かなくてもOK。今回使用したものは、もともとタコ糸で巻いてあったので、そのまま使いました。

黄金比ダレに豚バラブロック肉を入れた写真

③沸とうするまで加熱し、沸とうしてアクが出たらおたまですくって捨てる。

④アクをとったら、ふたをして15分加圧する。

⑤加圧が終わり、圧が抜けたらふたをあけてお肉を裏返し、そのまま冷ます。
※味がまんべんなく染み込むように、たまに上下を裏返してください。

かんせーい!!おいしそう!!!
電気圧力鍋で作ったチャーシューの完成写真

しっかり冷めたらそのまま切って食べてもいいですが、一晩冷蔵庫にいれて固まった白い脂を取り除いて食べるとヘルシーに食べることができます。

圧力鍋で作る時のポイント

  • 加圧する前に、沸とうさせてアクをとること
  • 加圧時間が長すぎるとお肉がやわらかくなりすぎるので気を付けること
    (加圧15分でちょうど良かったよ!)
  • できればたっぷりタレを作る方が望ましいが、少なめの場合はできあがってからたまにお肉を裏返して、まんべんなく味がしみこむようにすること

スポンサーリンク

食べてみてどうだったか

実際に食べてみると「絶品!!」でした。以前、普通の鍋で作ったのですが、電気圧力鍋で作る方がおいしいなと思いました。

普通に鍋で作ると火加減が難しくて、失敗するとお肉がパサパサしてしまうことがあります。それが電気圧力鍋ならふたをして放置すればいいだけなので失敗しませんし、なんといってもお肉がジューシーに仕上がるんですよね!

何でもっと早く気づかなかったんだろうと思いました。一度は絶対に作って食べてもらいたいくらいです。

まとめ

圧力鍋でチャーシューを作ると決めた時、臭みが残ったりやわらかくなりすぎて角煮のようになってしまわないか心配だったのですが、臭みはまったくなく、加圧時間にも気を付けて作ることでちょうどいい弾力が残ってとてもおいしくできました。

圧力鍋がある人はぜひ一度作ってみてくださいね!ちなみに、我が家の電気圧力鍋はこちらです。容量が2.5Lと4Lのものがあるのですが、子ども含めて3人家族の私たちは4Lでちょうどいいかなと思います。

我が家の場合、2.5Lだとちょっと足りないかも。今後のことを考えると4Lが私はおすすめです。

こちらの記事もおすすめ!
料理

黄金比ダレで簡単!本格チャーシューの作り方

2019年1月21日
末っ子の気ままにのんびり
この記事では、黄金比ダレで簡単にできるチャーシューの作り方について書いています。 私の母の実家は製麺工場です。母は、たまにラーメンに合うチャーシューを手作りしてくれていました …