料理

【手作りでおいしい!】ちこり村の田舎の手作りおせちは人気なので早めに予約を!

ちこり村のおせちの記事のアイキャッチ画像

お正月といえばおせち料理です。我が家では結婚してから、おせち料理をネットで予約しています(作る自信がないからね!)。おせちの予約は10月ごろにはできて、人気のものだとすぐに売り切れてしまうので、早めに注文するようにしています。

今回は、おいしくてすぐに売り切れてしまう人気のおせち「ちこり村のおせち」を紹介したいと思います。

年末年始で疲れた胃腸を休める食べやすい七草がゆの記事もぜひご覧ください。

炊飯器で簡単に七草がゆを作ろう!この記事では、炊飯器で簡単においしい七草がゆを作る方法を書いています。七草がゆは少し独特な味がして食べにくいイメージですが、この記事で紹...

ちこり村のちこりって何?

ちこりはヨーロッパ原産の野菜です。ちこり村は、岐阜県中津川市にある日本最大のちこり栽培施設です。ちこりを特産物として広めるなど、地域を活性化するためにちこりを作っているそうです。

スポンサーリンク

ちこり村のおせちを紹介

我が家に届いたおせちです!風呂敷に包まれておしゃれですね!おせちには、栗きんとんとお雑煮などに使えるだしもついてきました。

ちこり村のおせちの説明①

 

風呂敷をあけると2段のお重になっています。開けてみるとじゃじゃーん!(え、効果音古い?)豪華なおせちの具材がたくさん入っていますね。それでは1段ずつみていきましょう。
ちこり村のおせちの説明②

まず、下の段からです。

ちこり村のおせちの説明③

真ん中に黄緑色の野菜が見えますか?それがちこりという野菜です。そのまま食べられるのですが、ほろ苦さがあるのでおせちの具材をのせて食べるとおいしいです。最初、ちこりを食べた人は少し味に驚くかもしれません(笑)

右の一番上のお肉は恵那どりのもも肉を塩こうじに付け込んでさらに、しょうゆベースの特製ダレに付け込んでから焼き上げたものです。冷めてもおいしく食べられるお肉ですよ。

なーさん
なーさん
ママおいしいよ!
ママ
ママ
良かったー!

左上にある黄色っぽい料理は、栗きんとんです。中津川の特産物で優しい味の栗きんとんです。私はこれがとても好きで、もうすぐ1歳になる娘もおいしそうに食べてくれました。左下の煮物は、地元の竹の子、こんにゃく、れんこん、しいたけ、さといも、にんじん、いんげんなどの野菜がはいった手作りの1品です。おばあちゃんちで食べているようななつかしい味です。

右下のちこりのまわりにあるのは、黒毛和牛のローストビーフです。添加物や発色剤は一切使っていません。1段目はお肉と野菜がちょうどいいバランスで入ったメニューになっていました。

 

次に2段目をみていきましょう。
ちこり村のおせちの説明④

パッと目に飛び込むのはえびではないでしょうか?大振りできれいな赤いえびですよね。鮮度の高いえびをシンプルな味付けで調理していてとてもおいしいです!殻をむくのが大変だなーと思うかもしれませんが、家族で会話しながらやるとなんだか楽しくてあっという間になくなってしまいます。

右上にあるのはニシンの昆布巻きです。鍋でじっくり煮込んであって味がニシンと昆布にしみてとてもおいしいですよ!

左下のものはぶりの子だそうです。このおせちを注文して初めて食べました。少ししょうががきいていてほくほくの食感でした。

他にも金箔黒豆や柿なますなど縁起のいいメニューがたくさん入っています。私が驚いたのは、おしゃれなメニューがちらほら入っていたことです。たとえば、2段目の真ん中にあるのは彩野菜たっぷり、かぶとじゃがいものテリーヌです年配のかただけでなく、若い人もおせちを楽しめるようなメニューがたくさん入っていました。

まとめと感想

手作りでとてもやさしい味付けのおせちでした。無添加なので小さな子どもにも安心して食べさせることができます!

パパ
パパ
優しい味でからだに良さそうだよね!
なーさん
なーさん
煮物もあるから私でも食べられるよ!
ママ
ママ
家族みんなで食べられるからうれしいね!

お肉と野菜のメニューのバランスも良く、家族全員で楽しめる内容のおせちでした。来年も家族みんな元気にこのおせちが食べられるように、過ごしていきたいと思います。

来年、もしおせちを買ってみようかなと思う方がいたら、このおせちはとてもおすすめなのでぜひ食べてみてくださいね。

私は楽天で購入したのですが、人気で売り切れになるのでうちでは年が明ける2か月~3か月前くらいにネットで購入しました。

それでは今年もみんな元気で過ごせますように。最後まで読んでくださってありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ!
料理

黄金比ダレで簡単!本格チャーシューの作り方

2019年1月21日
末っ子の気ままにのんびり
この記事では、黄金比ダレで簡単にできるチャーシューの作り方について書いています。 私の母の実家は製麺工場です。母は、たまにラーメンに合うチャーシューを手作りしてくれていました …