子育て関連

折りたたみ三輪車のおすすめランキングベスト3

三輪車ってたくさん種類があって選ぶのに迷いますよね。

なーさん
なーさん
折りたたみ三輪車の使い心地抜群だぜ(爆走中)。
ママ
ママ
折りたたみとそうじゃないものとで迷ったけど、場所取らないしほんとにおすすめ。

というわけで、この記事では、折りたたみ三輪車でおすすめのものをピックアップして、ランキングにしています。

ちなみに、折りたたみとそうでない三輪車を比べた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

折りたたみ三輪車がおすすめの理由

折りたためるので、収納スペースがなくても邪魔になりにくいです。

ママ
ママ
アパートとかだと収納場所に困るもんね。

また、外に置くしかなかった三輪車も、 コンパクトになることで、 屋内に置くことができますよね。

なので、雨などによる劣化も防げます。

長持ちするから、一台の三輪車を兄弟全員で使い回せるので経済的ですよね。

というわけで、詳しい内容は下の記事に書いてあるので、気になる方は読んでみてください。

折りたたみ三輪車のメリットとデメリットはなに? 折りたたみ三輪車を買いたい!と思った時に気になるのが、メリットとデメリットってどのようなものがあるの?ということですよね。 ...

スポンサーリンク

折りたたみ三輪車のおすすめランキングベスト3

おすすめ度
対象年齢1.5歳-5歳未満まで
機能折りたたみ、座席ガード、タイヤロック、後方バッグ付き、 フリーペダル 、押し棒、カバー付きフットレスト
折りたたんだ時のサイズ幅455×奥行440×高さ720mm
重量:7.5㎏

1位の決め手は、口コミの多さとたくさんの機能が付いているのに価格がお手頃だというところです。

ママ
ママ
たくさん機能が付いている三輪車って結構高いもんね。

三輪車としての機能を十分に果たせるだけでなく、大きなバッグや進行方向をコントロールできる押し棒付きなので、ベビーカーの代わりとしても使えます。

サンシェードはついていませんが「余計な機能はいらない、だけどお買い物などで少しは使用したいからカゴはほしい」といった人にはもってこいの三輪車です。

ママ
ママ
子どもも三輪車としてしっかり遊べるし、大人にもうれしい機能がついているからおすすめだよ

三輪車の機能的にみて、とてもバランスのいい商品です。

折りたたみ方は下の動画をご覧ください。

アイデスの三輪車を見てみるアイデス公式ページ

おすすめ度
対象年齢1.5歳~5歳未満
機能折りたたみ、座席ガード、後方バッグ付き、 サンシェード後輪ブレーキ、フリーペダル 、押し棒、カバー付きフットレスト
折りたたんだ時のサイズ幅45.5×奥行44×高さ72cm
重量:8㎏

2位にした理由は、1位に比べて価格は少し上がるものの、サンシェードがついており、ベビーカーの代わりとしてもしっかり使えるためです。

サンシェードがいらないという人は、1位の三輪車が少し安くておすすめです。

そのため、ベビーカーとしてもしっかり使いたい人におすすめの三輪車です。

ちなみに、サンシェードや押し棒、後方のバッグ、転落防止の座席ガードは取り外し可能です。

この三輪車を見てみるアイデス公式ページ

おすすめ度
対象年齢1.5歳~4歳11ヶ月
機能折りたたみ、 座席ガード 、フットレスト、フリーペダル、押し棒、前方に小さなかごあり、エアホーン
折りたたんだ時のサイズ幅420×奥行480×高さ690mm
重量:7㎏

3位にした理由は、1、2位の三輪車に比べて機能は最小限ですが、とてもスマートで使いやすいこと。

また、キャラクターもののため、好みがわかれる可能性があるので3位にしました。

我が家ではこの三輪車を使っているのですが、好きなキャラクターだと、なかなか公園から帰りたがらない時に

ママ
ママ
アンパンマンが帰ろうっていってるよ~

というとわりとスムーズに帰ることができます(笑)

※個人差があります。

もちろん、押し棒や転落防止の座席ガードは取り外し可能です。

遊びメインで、ベビーカーの代わりとしても程よく使いたい人におすすめの商品です。

アンパンマンの三輪車を見てみる公式ページ

この商品のレビュー記事も書いているので、ぜひご覧ください。

いつ使いたいのかどんな機能がほしいのかで決めよう!

この記事で紹介した三輪車は、基本的に超コンパクトに折りたたむむことができます。

そのため、折りたたみ三輪車を買いたい人は、どういう時に主に使いたいのかを考えて、ほしい機能は何かを考えてみると選びやすいです。

例えば、遊びメインで使用したいのか、ベビーカーの代わりとしてもしっかりと使いたいのかなどです。

どれも付属品は取り外しが可能なのですが、遊びメインで使うとなると付属品を取り外すのが面倒な人もいるかもしれませんよね。

以上のことを参考に、ぴったりの三輪車を選んでみてくださいね!