子育て関連

お出かけが嫌い!赤ちゃんがチャイルドシートに乗らない時の対処法

チャイルドシートを嫌がるその対処法とは

この記事では、お出かけが嫌いな赤ちゃんが心地よく旅行を楽しめるように、チャイルドシートに赤ちゃんを乗せる時になぜ嫌がるのかその原因と、私自身がやってみて効果的だった対処方法を書いています。

この記事を読んでいるみなさんは、「子どもが大泣きしてチャイルドシートに乗ってくれない」、「いろいろと対処法を試したけど全然乗ってくれない」といった悩みをきっと抱えていますよね。

私もいろいろと調べてやってみて気づいたのですが、やはり子どもも人間なので、好き嫌いなどの個人差があります。もしかすると、何を試してもダメという場合もあるかもしれません。

ママ
ママ
出かけるのがストレスになるし、この状態いつまで続くのーって思うよね。

ですが、できるだけママの負担やストレスが減るように対処法をたくさんのせておくので、ぜひ試してみてください。

この記事の内容をまとめるとこんな感じ。

  • シートを嫌がるのは赤ちゃんが成長している証
  • 子どもが好きな物や食べ物などを把握してそれを活かそう
  • 時間に余裕をもって行動し、事故が起こらないように絶対にチャイルドシートには乗せよう

【100均】バレンタインの材料を安く済ませたい人は必見!子どもとのバレンタインをたのしもう

スポンサーリンク

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる原因はなに?

出典:イラストの里

チャイルドシートを嫌がる理由は以下です。

  • ママと離れたくない
  • 1人になるのが怖い
  • チャイルドシートで自由がきかない
  • 車の匂いが嫌い
  • 車内の温度が暑すぎたり寒すぎたりする

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる理由で1番可能性が高いものは、「ママと離れたくない」です。

その理由は以下です。

一般的には、生後半年から1歳頃にかけて、人見知りが始まる赤ちゃんが多いようです。

出典:人見知りはいつから?赤ちゃんの人見知りの時期と対処法について

1歳ごろにかけて、家族や家族以外の人の区別がつくようになります。ということは、1番長い時間一緒にいることの多いママ(パパの場合もある)の顔をみるだけで、赤ちゃんはとても安心するはずです。

そんな安心できる存在のママから一時的にですが離れて、車という狭い空間に乗らなければいけないのはとてもストレスですよね。

チャイルド ロックで車の扉を子どもが勝手に開けないように対策をしてみた

チャイルドシートに乗らない時のおすすめの対処法7選

チャイルドシートに嫌がらずに乗ってもらえるようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

1番大切なポイントとは?

先ほど説明したとおり、ママから離れる赤ちゃんはとても不安感を抱いています。そのため、不安感をできるだけ紛らわせるようにしてあげることが必要です。

では、この不安感を少しでも軽減させるためにはどうすればいいのでしょうか?

その方法とは「赤ちゃんが好きな物や食べ物を把握してそれを活かす」ということです。大人でも不安な気持ちを紛らわそうとするとき、音楽を聴いたりテレビをみたり、おいしい物を食べたりしますよね。

でも、ここで嫌いな食べ物を食べてって言われたり、見たくないテレビを見せられてもただただストレスがたまるだけです。

赤ちゃんもきっと同じです!

パパ
パパ
当たり前のことだけど、必死すぎていつの間にか忘れてしまうんだよね(笑)
なーさん
なーさん
ママ、私はこれ好きじゃないの!いやだ!
ママ
ママ
そうそう。なんでうちの子にはこの方法はきかないのよ!!って思っちゃうけどそれは仕方ないんだよね。

いくつか対処法をあげているので、自分のお子さんに合ったものをぜひ試してみてください。

優しく声かけをしたり歌を歌ってあげる

急いでいる時は、ついついイライラとしてしまい、怒ってしまいがちですよね。

赤ちゃんは思っている以上に親の感情を敏感に察知しています。なので、イライラしてしまうとさらに大泣きしてしまうなんてこともしばしば。

なーさん
なーさん
ママ、そんなに怒らないでよー!

そんな時こそ冷静に、好きな歌を歌ってあげたり「大丈夫だよ」と声掛けをしてあげましょう。

おやつやジュースを食べさせる

食べることが大好きな赤ちゃんにはいいかもしれません。

お菓子を1人で食べさせると、お菓子をばらまいたりジュースをこぼしたりしないか不安という人もいるかもしれないので、ここでとっておきのアイテムを紹介しておきます。

この2つを使うことで、紙パックのジュースをこぼすことも、お菓子のカスをばらまいてしまうことも減ると思いますので、試してみてください。

スマホやタブレットで動画をみせる

最近では、youtubeなどでたくさん子ども向けの動画が配信されていますよね!本当に助かります。

ずっと動画を見せておくのはちょっと抵抗があるという人もいるかもしれませんが、車に乗る時などに一時的に見せるのはとても便利なので活用するべきだと思います。

車の後部座席にタブレットを固定するグッズもありますので参考に。ちなみにこの商品は送料無料です。

好きなおもちゃを持たせる

私はこの方法でうまくいきました。なぜなら、娘は食べることが好きだからです(笑)

特にイチゴが好きで、おままごとなどに使うプラスチック製のイチゴを手に持たせるとすぐに泣き止みました。買い物の時もそのイチゴを握らせて、カートに乗せています。

ママ
ママ
好きな食べ物のおもちゃならもしかすると喜んで持って、シートに乗ってくれるかもね!

眠くなるタイミングで乗せる

もし出かけるタイミングを調整できる用事ならこの方法もいいかもしれません。

ちょうど、目をこすって眠そうな時にシートに乗せると、そのままおとなしく寝てくれることがあります。

ただ、このデメリットは、短時間の移動だとあまり眠れずお店で泣いてしまう可能性があるということです。

なので、旅行などの長時間の移動をする時におすすめの方法です。

同乗者がいる場合はチャイルドシートの隣に座ってもらう

大人が2人以上乗る場合はおすすめの方法です。

誰か親しい人の顔が見えるとおとなしくチャイルドシートに乗ってくれやすいので、ぜひやってみてください。

鏡をとりつけて運転中もママの顔が見えるようにする

チャイルドシートに鏡をとりつけて、ママと赤ちゃんが鏡越しで視線が合うというアイテムがあります。

  • チャイルドシートを前向きに取り付けている人向けの「フロントタイプ」はこちら。

2人目の出産祝いに何をあげる?カタログギフトならこの2つがおすすめ

なーさん
なーさん
Twitterもやっているよ!
@bloggk1をぜひフォローしてね!